レンタルオフィスの歴史

会議スペースとして利用される

レンタルオフィスのスタンダードな使い方として挙げられるのが会議スペースとしての活用です。レンタルオフィスは貸し会議室とも呼ばれていて、オフィスを持たない小規模ビジネスやフリーランスの打ち合わせなどで使われています。

近年ではレンタルオフィス契約といっても長期プランなども登場し、規模はコンパクトになりますが通常の事務所と同じ感覚で契約も可能です。長期契約を行えば法人登記への登録が可能だったり、住所を使えたりするのでより信頼性の高い企業と見られます。

一般的なレンタルオフィスは6畳程度のスペースにデスクとチェア、そしてホワイトボードが設置されています。インターネットやネットワーク環境を構築しているところもあります。

大規模な試験会場としてもGood

規模の大きなレンタルオフィスは試験会場やセミナー会場としても使われています。必要な間取り・規模に関しては提供している企業によって全く違うので、気になる方はまず相談から始めるのも良いです。

ちなみに別の項目で説明したスタンダードはレンタルオフィスの場合は1時間1000円程度で契約可能ですが、大規模な会場になると契約費も比例します。大規模な会場が必要になると、当然設備も増えると考えた方が良いです。セミナーであれば参加人数に応じた椅子の用意や、筆記用具・必要に応じてプロジェクターなどの用意をしなければなりません。

これらは標準装備ではなくオプションとして契約出来るので、別途費用が発生する事を忘れてはいけません。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る