見極めポイントは何?

導入設備は要チェック

後悔や失敗しないレンタルオフィスの契約といえばとにかく事前にリサーチを行う事です。ほとんどの方が間取りや費用に関しての事前リサーチは抜かりなく行います。しかし導入設備のチェック漏れはとても多いので気をつけて下さい。

レンタルオフィスの用途によってある程度必要な設備は異なりますが、インターネット環境はどんな用途でも必須です。無線LANを使ったWiFi接続がメインですが、リモートや特殊なシステムを動かす時は有線LANの方が安定した接続が期待出来ます。

社外秘の資料を扱う事もありますが、会議が終わったらその資料を物理的に裁断して完全に削除してくれるサービスもあります。これらがコミコミになったお得なプランも存在します。

長期契約する場合はどうする?

数時間や数日の契約ではなく、長期契約をしたい。この場合、年契約プランがお得になりやすいです。レンタルオフィスを用意している企業も長期的な利益が欲しいので、長期契約の顧客は大歓迎です。

まず契約したいレンタルオフィスを展開している企業へアポを取り、どんなプランがあるのかを確認します。必要な設備があれば、打ち合わせの際に伝えておきプランに追加出来るか交渉するのも賢い手段です。長期契約時の注意点として共有スペースの使用方法や、それに伴う管理費の発生有無。更に途中解約した場合の違約金についても確認しておきましょう。

問題がなければ書類を交わし、これで契約完了です。後はルールに則った上で自由にオフィスが使えます。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る